パーソナライズは様々な消費者にアプローチする仕組み

ビジネスの場で共通のテーマとして末永く顧客とお付き合いしたいという願望のようなものがありますが、それを実現するのはなかなか難しいという現状があります。

何とかリピーターになってもらおうと各企業は様々な施策を打ち出していますがその中にパーソナライズというものがあります。個人の趣味や考え方、あるいは行動パターンに関心事や興味というものは十人十色で全く同じものがありません。それらの方々に例えば同じダイレクトメールを送ったとしても何人かは振り向いてくれる可能性がありますが多くは空振りに終わってしまう事もあります。

ただ10人を分析した上で、それぞれに適したものが送られたとしたならば結果はかわってくるはずです。それらを仕組化したのがパーソナライズという訳です。平成に入り、半ばまではマーケティング活動の主流はテレビや新聞などマスメディアと呼ばれるものであり、不特定多数の方々に対し一方的に発信するものが普通に行なわれていました。実際にテレビCMを流せば売れる時代もありました。

しかし近年ではインターネットやパソコンにスマートフォンなどハードウェアもソフトウェアも進化した事により、一般消費者の行動も様変わりしてきました。さらにECサイトの普及によって購買の選択肢が増え、自ら情報収集してサービスや製品の比較も容易になりましたので消費者の要求は高まったと言えます。そんな消費者に対して適切なアプローチをするパーソナライズが注目されるようになったという背景があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *