パーソナライズとは何か

パーソナライズはインターネットなどを通じて獲得した消費者個人に関する様々な情報を回収、分析することで消費者一人一人にあった効果的な広告やサービスの紹介を配信することで、ユーザーの購買意欲を効果的に刺激し企業の利益を最大化させる試みを指すマーケティング用語です。

従来の広告マーケティングの中心はテレビCMや新聞広告など不特定多数のユーザーに一方的に情報を発信するマスマーケティングでした。そのためマジョリティーを対象にしなければならないなどの制約があり、CMを流せば何でも売れる時代の終焉によりこうしたマスマーケティングは通用しなくなっていったのです。こうした流れに対してインターネットの普及と共に登場したのがパーソナライズです。

インターネットは従来のアンケート調査などに比べて企業は極めて自然かつ簡単に消費者の情報を収集することができます。これを活用することで企業はこれまでの画一的なマーケティングから脱却し、パソコンの購入を考えている若者にはパソコンのおすすめ商品を、ロックバンドのファンである女性に対しては人気グループの新作アルバムが発売することの告知をメールで伝えるなど個人の趣味や嗜好に合わせたパーソナライズ広告によってユーザーの購買意欲を効果的に刺激することができるようになったのです。

このパーソナライズによって急成長を遂げた企業の代表格がGoogleです。Googleの検索エンジンをユーザーは無料で使うことができますが、Googleはサービスを無料提供する代わりにユーザーの検索情報を元にしたパーソナライズ広告を企業に販売しているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *