パーソナライズとはなにか

パーソナライズとは、ユーザー全員に同じコンテンツやサービスを提供するのではなく、ユーザーそれぞれの属性や購買、行動履歴などに基づいて最適な情報を提供する手法のことをいいます。

ユーザーが望む情報を優先的に提供することができるので、購買意欲を高め、販売促進につなげることができます。パーソナライズの例としては、オンラインショップがあります。オンラインショップでは、商品の購入時に年齢や性別、職業、趣味などを登録します。この情報に基づいて、サイト訪問時に関心や関連の高いと思われる商品をおすすめ商品として大きく表示することで、購買を促しています。

また、過去の購入履歴から同時に購入されている商品を表示し、さらなる購買を促すという手法もあります。そして、検索エンジンもパーソナライズの例です。検索履歴を蓄積し、その蓄積した情報に基づいて検索結果を並べ替え、その人にとって重要度の高いと思われるページを上位に表示します。こうしたパーソナライズが拡大した背景には、マーケティングの変化があります。

かつてはテレビやラジオ、雑誌などを活用し、不特定多数のユーザーに対し一方的に情報を発信するマスマーケティングでした。しかし現代では、インターネットなどを通して多くの情報を自分で入手できるので、サービスや商品の比較も自分ですることができます。そこで企業は、同じ情報を不特定多数に提供するのではなく、ユーザーそれぞれが必要とする情報をユーザーそれぞれに提供する必要に迫られました。このような背景により、パーソナライズが拡大したと考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *