店舗が集客力を上げるための工夫

店舗が集客力を上げるのは経営上必須の事項ですから、実現するためには工夫をしなくてはなりません。

ではどうするかですが、一言で言えばその店舗のコンセプトを明確にして、それを徹頭徹尾貫き通すことになります。企業経営や新商品販売なども同じですが、どういう企業にしていくか、どのような商品やサービスを売るのかをトータル的に考えて、コンセプト化するのがまずは最初です。

そのためには、属している業界の動向やコンペチターの様子、加えてお客様の顕在的なおかつ潜在的ニーズを把握することと自分の店舗や商品の強み弱みなども明確にすることになります。

そしてそれをお客様に発信して集客につなげるわけですが、発信の仕方にも工夫が必要です。強者のやり方で行くか、弱者のやり方で行くかでは、王道を進むかアマノジャク戦略で行くかなどで変化します。

例えばテレビコマーシャルに打って出るか、そうした手段を使わないで口コミで浸透させるかなどです。これまでのヒット商品の事例などを見ても、電車のつり革広告だけに特化して成功したものなどがあります。

いずれにしても集客の決め手は、お客様の評価であり、それがお客様がお客様を呼ぶことにつながるので、店舗に足を運んでくださった方には全力で対応する必要があります。全力と言っても押し付けにならないように、物足りなさが残らないように、難しいことですがケースバイケースになります。

コンセプトを貫きながら、それでいてケースバイケース対応というのは、とても難しいことになりますが、そのことができないようでは集客力向上はおぼつかないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *