店舗の成功の可否は集客力で決まります

どんなに「味がおいしい」といっても最初は来てもらわなければ繁盛することはできません。

つまりお店というのは集客力が決め手です。集客力を上げるにはいろいろな方法がありますが、基本は宣伝であり広告です。

今、広告業界でマーケティングという言葉が使われることが多いですが、これも集客力を上げるための手法です。わざわざ説明する必要もありませんが、店舗を構えている場合と通販で最も異なるのは店舗にかかる費用です。

店舗の賃料は決して少なくない金額ですが、そうであるだけに賃料は売上げに貢献するだけの価値がある必要あります。そして、その価値を決めるのは集客力です。読んで字のごとくですが、お客様を集める力とはお店が魅力を持っている必要があります。このときに勘違いする人がたまにいますが、お店の魅力とは店構えとか内装だけのことではありません。最も大きな要因は立地です。

店舗に限らず一般の住宅でもその価値を決めるのは立地環境です。住宅の場合は「足回り」という表現をしますが、駅からの距離とか便利さで価値が決まります。同じように、お店の場合は人通りが価値を決めます。

人通りが多いほうがお店に入ってくる確率が高いからです。もちろんお店が繁盛するということはいろいろな要素が絡まっていますが、その要素の一つが立地です。そして、その立地の価値を決めるのは集客力の有無です。これに勝るお店の要素はありません。お店を新たに開業するときはそのことに注意を払うことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *