バーコードリーダーで工数を削減する方法について

スーパーで食料品を購入する時、値段を見て買い物をする事は多いかと思われますが、この値段は品物についているものではなく、陳列棚に価格が表示してあるお店が多くなっています。

スーパーは定期的に安売りセールを実施する関係からも、商品に値札を付けてしまうと、値下げ用のシールを貼り付ける工数が発生してしまいます。特に、大型スーパーなどでは取り扱う商品数も多いので、人力による工数は膨大なものとなってしまうわけです。

商品にはバーコードラベルがついていて、それをバーコードリーダーで読み取り、情報をデータベースの中で検索し、商品名や価格などの情報を引き出す仕組みが取られています。データベースは商品すべての情報が格納してあるもの、価格を変更する時にはデータベース内で行えば良いので工数も多く掛かりません。

バーコードリーダーはレジについている装置で、会計処理を行う時には商品を手に取る、バーコードリーダーでバーコードを読み取る、商品を会計済みのカゴに入れるなどの動作で行えるようになります。

従来は、商品についている値札をレジ担当者が見て、数字を入力して行われていましたが、この方法では買い物点数が多いと時間を要してしまう、入力ミスを起こすなどのデメリットがあります。バーコードリーダーを使う事はミスを防止する、入力工数を削減する、情報をデータベース上で管理するので在庫管理を容易に出来るなどのメリットに繋がるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *