最近よく聞くオムニチャネルとは

最近は日本でもオムニチャネルという言葉を聞く機会が増えていますが、内容を正しく理解できていない人も多いです。

チャネルとは小売活動を行う際の消費者との接点を指します。マルチチャネルは店舗やネットショップなど複数の販売経路を顧客に合わせて使い分ける手法です。オムニチャネルは顧客を中心にしてチャネルを考える手法です。チャネルへの取り組みは、メーカーや小売店など様々なところで進められています。

店に在庫がない場合はネットで注文して配送してもらったり、ネットで注文したものを最寄りの店舗で受け取ることができるサービスは便利です。店舗での購入とネットショップでの購入を共通化して、店舗でもネットショップでもお互いに在庫を参照できるIT環境を整えることもポイントとなります。

オムニチャネルを成功させている企業には、ユーザーに対して利便性と楽しさを提供して経験価値をより高めているという共通点があります。スマートフォンやタブレット端末などが広く普及したことで、どこでも買い物が楽しめる時代となっています。

買い物できる環境を利用者に提供することもオムニチャネルです。ネットを活用するだけでなく店舗や商品、サービスも含めた新しいビジネスになります。店舗でもネットでも顧客にとって価値のある商品をそろえて、様々なニーズに応える企業が増えています。次世代のビジネスモデルと考えられているため、様々なメディアで紹介されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *