オムニチャネルを導入するメリット

オムニチャネルとは、実店舗・カタログ・パソコン・スマートフォン等の様々な形式で顧客との接点を作り、購入までのプロセスを意識させない販売戦略のことを指します。

オムニチャネルが重要視される背景として、スマートフォンやSNSといったネットワークサービスの普及に伴い、消費者の行動が大きく変化したことが挙げられます。ショールーミングと呼ばれる、実店舗で製品に直に触れて品質を確かめた上で通販サイトで最も安い価格で購入する行動が増えた為、小売店は販売機械を喪失することになってしまったのです。

しかし、ECビジネスに販売機械を奪われたとして実店舗がインターネットを敵視する風潮の中で、百貨店や大手小売店が中心となってその関係を包括するシステムを構築しました。販売店では顧客の購入体験に合わせた販売システムを構築したことにより、実店舗でもネット注文ができて即日配達してもらえることや、SNSの口コミから簡単に注文することが可能となったのです。

結果として、全ての接点(オムニチャネル)を不便なく利用することができるようになったというわけです。また、オムニチャネル戦略は小規模ビジネスを開始するのに適しています。

SNSを中心に口コミで商品の情報が広まり宣伝されながら他のメディアへと進出していくのは、ビジネスを始めるリスクを最小限に抑えた、小さく作って大きく育てる手法として効果的と言えます。このように、あらゆるメディアとの接点を作って効率的な利益追求が可能となるオムニチャネルは、今後更なる注目を集めることが予測されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *