オムニチャネルに関する説明

オムニチャネルは顧客が購買できるあらゆるチャネルから購買ができるよう、アクセス経路をつなげることで自社の商品やサービスの利用者、利益を最大化することを目的としたマーケティング戦略です。

オムニチャネルの定義は人や企業によってやや異なりますが、モバイルインターネットデバイス、パーソナルコンピューター、テレビ、ラジオ、ダイレクトメール、カタログ、リアル店舗、コンビニエンスストアなどリアル、ネットを問わずユーザーが利用するあらゆるチャンネルと自社を繋げ点はおおむね共通しています。

オムニチャネルはしばしばマルチチャンネルと混同されることがあります。複数のチャンネルを確保することで利益の拡大を目指す点は共通していますが、オムニチャネルはマルチチャネルの進化形であり、よりスムーズかつシームレスにオフラインとオンラインを繋げます。

たとえば従来型のマルチチャネルではオンライン在庫とオフライン在庫がリアルタイムで同期していなかったため、注文を受けても在庫が枯渇しており販売できない、逆に在庫が存在するにも関わらず在庫なしと表示されていたために販売の機会を失ってしまうなどの問題がありました。

これに対しオムニチャネルでは実店舗や倉庫とオンラインショップで同一のデータベースを用いることで在庫を一元管理しています。またどのプラットフォームで一環したサービスを提供することで、パソコンで見たネット広告の商品を、移動時間にスマートフォンで購入してもらうなどの相乗効果が得られるのも特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *