オムニチャネルの重要性

「オムニチャネル」は、実店舗やオンラインストアなど、全ての販売・流通チャネルを統合すること、あるいはそうした統合販売チャネルの構築により、どこからでも同じように商品を購入できる環境を実現すること、を意味する言葉です。

オムニチャネルの「オムニ」は「すべての」、「あらゆる」といった意味をもつ接頭語で、「チャネル」は「小売活動における消費者との接点」、つまり一般的には実店舗やECサイトを意味します。

インターネットやスマートフォンが急速に普及した現代社会において、私たち消費者はいつでもどこからでも買い物をできる環境を手に入れました。そうした時代の流れとともに生まれた新たな小売りのあり方として注目されているのが「オムニチャネル」なのです。

特に、小売業者を悩ます店舗で確認した商品をその場で買わず、ECサイトなどを活用し後からより安い価格で購入する「ショールーミング」の対策として、とても重要な概念と言われています。

そんなオムニチャネル戦略を実際に実施するには、ECサイトの構築、顧客管理システムの導入、Web接客ツールの導入、在庫・注文・顧客管理システムの連携などが必要です。つまり、今あるチャネルの整理と管理体制を確認し、あるべき姿を検討してみるのが良いでしょう。

これにより店舗のショールーム化を防ぎます。また、このオムにチャネルの構築は、1店舗・1企業といった小さなスケールだけでなく、一部業種では組織を重横断する大規模なシステムの再構築に取り組まれ始めています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *