オムニチャネルの考え方

オムニチャネルとは、実店舗やテレビ通販・通販サイト・DM・ソーシャルメディア・携帯・モバイルデバイスなど無数の販売チャンネルを統合して、顧客に最も合った形の買い物を提案する戦略の事です。

無線ICタグを採用する事で店舗と通販の在庫を一元的に管理し、在庫の無駄を減らすと同時に実店舗とネット通販のどちらの顧客の要望にも応える事を可能にしているのです。

フェースブックなどのソーシャルメディア情報と顧客リスト、購買履歴、ポイントカードなどの会員情報などを照らし合わせて最適なプロモーションキャンペーンを実施したり、実店舗とネットの情報を統合し比較分析する事で消費者の消費行動を先読みして在庫管理を行い、そうする事で欠品の数を減らして商機を最大限に活用する事が出来るようになったのです。

オムニチャネルというと、どうしても在庫や顧客データを統合するためのシステムや設備にばかり目が行きがちですが、購買意欲の向上につながるブランド体験を提供するために、顧客の行動や心理状態を理解する事が最も重要な考え方だと言われています。

つまり、自社の持つ様々なデータやソーシャルメディアなどからの情報を分析する事によって顧客の行動や心理を知り、顧客目線でシームレスなコミュニケーションを構築していくことがオムニチャネルの本質と言えます。

また、今後は様々な技術の進化によって決済方法の多様化や、VRなどによる商品の仮想使用が急速に進み、購買環境は大きく変わると思われますが、オムニチャネルの考え方はこれから益々取り入れられるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *