オムニチャネルによる戦略

かつて店舗数の拡大が売り上げを改善するための手段として考えられていた時代がありました。

オンラインマーケティングが広がるにつれて、販路は実店舗だけではなくなり、web上での展開は欠かせない時代に移りつつあります。では、どうすればオンラインの世界で事業の拡大ができるのでしょうか。それがオムニチャネルを活用する新たなマーケティング戦略です。

オムニチャネルは、オンライン上での販路拡大と言えるかもしれません。パソコン、タブレット、スマートフォン、SNSなどの多くのアクセス方法を提供することでシームレスに顧客とつながることが目的です。24時間いつでも、どこでもサービスを提供することができる環境を整備すると言う戦略になります。

オムニチャネルを活用した戦略は、実店舗を拡大するよりもリスクは低いと言えます。必要な経費は導入時にかかりますが、維持費としてはそれほど高くありません。また、万が一うまく行かなかった場合でも改善することも撤退することも実店舗より簡単に行うことができます。

オンラインが普及した現在では、アクセスできないことが不親切であると思われる恐れがあります。いつでもできると言うことが当たり前の時代だからこそのリスクです。それが得られた注文を見逃すこととなり、最悪は顧客を失うきっかけになることもあります。

できる限りそのような状況を作らないためにも戦略としてオムニチャネルを進めることに意味があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *