自店舗とオンラインをつなぐオムニチャネルを使う戦略

最も利用されているサービスと言えばオンラインショップです。

スマートフォンが登場して誰でもインターネット接続できる時代になったため、多くの方が簡単に通販を利用できるようになりました。これに伴い実店舗を持つお店は売上が落ちてしまっているのが現状です。なんとか売上を改善したいと考え導入したのがオムニチャネルを使う戦略でした。

元々米国の企業が行ったものでかなり古い歴史を持っているのが特徴です。日本では2000年代に入ってから徐々に浸透していき、現在多くの企業が導入しています。具体的にオムニチャネルを使う戦略を説明するとオンラインや実店舗、コマーシャルといったあらゆる媒体を店舗につなげるものです。

例えばSNSサイトを使いクーポン券を配信する、これは実店舗で使うと割引を受けられます。他にもスマートフォンアプリでクーポン券を取得して実店舗で使うと方法が代表的です。オンラインショップと実店舗の在庫を一緒にすることで管理をしやすくなる、他の店舗から商品を取り寄せて提供できるといった部分も魅力と言えるでしょう。

カタログ通販からダイレクトメール、自社サイトをうまく使うことでお客さんを実店舗に誘導します。顧客管理もオンラインと実店舗で一元化するので管理をしやすくなるのも特徴です。主に大企業が行っているサービスですが、SNSサイトを使えば小規模なお店でもオムニチャネルの戦略を利用できます。うまく使って商売を成功させましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *