オムニチャネルを使う戦略を成功させる方法

多角的に展開して最終的には店舗にお客さんを呼び込み方法をオムニチャネルの戦略と呼びます。

これはSNSサイトや自店舗での販売、コマーシャルやチラシ配布といったものを組み合わせて行うもので各サービスは常に連携しているのが特徴です。あらゆる方法を使いお客さんと接点を持つ事により収益を上げる事が可能となっています。O2Oと呼ばれるものもありますが、こちらはオンラインとオフラインを使うもので全く別物です。

オムニチャネルを使う戦略をうまく成功させるにはロードマップの策定が必要と言えるでしょう。いつまでにどんなことをするのか、またどの部分までを対応させるかという内容です。実行するには自社の業界内でのポジションを把握する、自社の強みやデメリットを分析する手段を用います。

競合同行や顧客のニーズに対応する購買行動の特性も分析すると良いです。社内体制も重要で小売業者だとネット運営部門やカスタマーサポート、IT部門といったものが必要といえます。各部門を作成することでスムーズにオムニチャネルを使う戦略を実行できるのがメリットです。

店舗だけでなくECサイトやSNS、カタログ等の要素をすべて連携させるのも大事と言えるでしょう。顧客情報も一元化する在庫管理もまとめます。購入履歴や行動履歴のデータ化を行い最新のクラウド型POSシステムと連携させるのが理想的です。全部とはいいませんがSNSサイトを使う程度のものなら小規模でも導入しやすいため、商売を成功させたいなら検討してみると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *