オムニチャネルの戦略を制する者が小売店業界を制する

オムニチャネルとは小売店業界において店舗と顧客を結ぶさまざまなチャネルの中でもリアル店舗とインターネット通販の垣根を取り払った形態を指し、より高い収益を得るためにも重要な戦略となっています。

かつては同一のチェーン店が経営しているにも関わらずリアル店舗とインターネット通販は別組織として運営され、どちらか一方のポイントカードが使えなかったり在庫が別枠で管理されるなど、顧客にとって不都合や分かり難いシステムでした。

しかし、昨今では同一のチェーン店の傘下であればリアル店舗とインターネット通販で同一のポイントカードが利用できたり、在庫管理も一本化され確実に在庫が確認できるシステムが確立されました。

一部の大手家電量販店ではリアル店舗をショールームとして扱い、実際の購入はインターネット通販で比較をしながらよりお得なショッピングを楽しんでもらうというコンセプトを宣言し業界に大きな衝撃を与えましたが、その斬新な戦略が功を奏し結果としてそのチェーン店のリアル店舗とインターネット通販の双方共に概ね好評で前年度を上回る売上高を達成したのも記憶に新しいところです。

オムニチャネルを構築する事により顧客が商品を検索したり実際に触れたりした上で消費行動に移るきっかけとなるチャネルが増加した事で、大幅に自由度の高い選択肢が広がりさらなる収益が期待できることから、今やオムニチャネルは小売店業界に欠かせない戦略要素となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *